技術情報・バーコードの基礎知識Basic knowledge of the technical information bar code

バーコードシンボルの方式

Last Update 2017.1.5

バーコードは、シンボル化のしくみにより次のように分類される。まず一つは、シンボルキャラクタがキャラクタ間ギャップで区切られているシンボルを独立型と言い、区切られてないシンボルを連続型と言う。独立型は、キャラクタ間ギャップの分だけ情報化密度が低くなるが、ナンバーリングマシンやフォントとして利用できる。 もう一つの分類は、バー(スペース)の幅による分類である。Code39のような2値幅型は、太いバー(スペース)と細いバー(スペース)の2種類で構成されており、太バー(スペース)を‘1’とし、細バー(スペース)を‘0’としてコード化している。一方、JANのような多値幅型シンボルは、4種類の太さのバー(スペース)で構成されており、バーの基本モジュール幅を‘1’とし、スペースの基本モジュール幅を‘0’としてコード化しされている。2 値幅型は、バーコードの解読が容易であり、多値幅型は、情報化密度を高くできる。

独立型、二値幅型
独立型、二値幅型
連続型、多値幅型
連続型、多値幅型

関連する製品

ls2208
  • 1Dバーコード

お問い合わせ