技術情報・バーコードの基礎知識Basic knowledge of the technical information bar code

Codabar (NW-7)

Last Update 2017.1.5

Codabar(NW-7)

コーダバー(Codabar)は、モナークマーキング(Monarch Marking)社が、1972年に開発したバーコードシンボルで、日本ではNW-7の名称で呼ばれている。海外ではCode 2 of 7と呼ばれることもある。NW-7の名称は、シンボルキャラクタが、Narrow(細エレメント)とWide(太エレメント)の7本で構成されていることに由来している。

数字, “‐”, “$”以外のキャラクタは、太バーが3本になっているので、オリジナルのトラディショナル・コーダバーは、これらのキャラクタ長を太バー2本のシンボキャラクタと同じなるようにバー幅を調整していた。これでは、バーコードプリンタでの印字ができないために、ANSI規格では、すべてのバー幅を統一している。

コーダバーは、2000年にJIS-X-0506で規格化され、血液の管理、宅配便の配送管理、図書の貸出管理、郵便書留の追跡管理、衣料品管理、会員カード等に使用されている。インターリーブド2 of 5より情報化密度は低いが、読取精度が高いので、汎用的な数字用シンボルとして利用されている。

特徴

  • キャラクタ セットは、数字(0から9)、記号(-、$、:、/、.、+)、スタート/ストップ コードA、B、CまたはDです。

  • シンボルキャラクタは、4本のバーに挟まれた3本のスペースで構成されています。スタート/ストップ コードはA、B、CまたはDです。キャラクタ間にスペースが入るディスクリート型です。

  • 自己チェック機能が有ります。

  • 定まったチェックデジットは、特にありません。使用する場合は7DR、7DSR、9DR、9DSR、モジュラス10/ウェイト2、モジュラス10/ウェイト3、モジュラス11、加重モジュラス11、モジュラス16が使用できます。

寸法

  • 最少エレメント幅(X)は、USS-CODABARまたはJIS-X-0503の規格では0.191mmです。

  • 細太エレメント比は、X<=0.508mmのとき1:2.2から3.0で、X>0.508mmのとき1:2.0から3.0が好ましいとされています。

  • キャラクタ間ギャップの最少値はX-t(tは許容誤差)で、最大値はX<0.25mmのとき5.3Xで、X>=0.25のとき3Xまたは、1.35mmの大きい方の値です。

  • クワイエットゾーンの最少値は10Xまたは2.54mmの大きい方の値です。手動走査の場合、6.35mm以上が好ましいとされています。

  • エレメントの高さの最小値は、5mmまたはシンボル全長の15%の大きい方の値です。

イメージ

お問い合わせ