技術情報・バーコードの基礎知識Basic knowledge of the technical information bar code

GS1-128 (UCC/EAN-128)の概要

Last Update 2017.1.5

概要

POS(販売時点管理システム)やEOS(電子発注システム)、EDI(電子データ交換)等の流通情報管理システムの発展により、より高度な商品管理や物流管理、業務管理が求められている。そこで、1988年、GS1(EAN.UCC)は、物流情報や商取引情報を表示するバーコードシンボルとして GS1-128(2006年1月からUCC/EAN-128から改名)を開発した。

JANは、商品コードを表す固定桁数のシンボルであるのに対し、GS1-128は、バッチ/ロット番号, 製造年月日, 包装年月日, 保証期限, 販売期限, シリアル番号, ロット番号, 数量, 軽量単位等も表すことができる。また、輸送管理のために連続出荷コンテナコード(Serial Shipping Container Code)やグローバルロケーション番号(店舗コード)を表すことができる。更に、EDIのために注文番号, 請求先コード, 仕入先コード, 配送先コード, 返品管理番号, サービス関連番号等を表すことができる。

GS1-128は、バーコードリーダが通常のCode128と区別できるように、スターコードの次にシンボルキャラクタFNC1を配置している。

アプリケーション識別子

GS1-128は、様々な情報を表すためにアプリケーション識別子(Application Identifier)を使用している。これは、情報の頭に付加される識別コードで、この識別コードに続くデータが何の情報であるかを誰でも分かるようにしている。したがって、1つのシンボルの中に複数の情報を連結して表すことができる。

アプリケーション識別子は、数字2桁から4桁でコード化されたもので、GS1が定義、データの属性(数字/英数字)、桁数、コード化方法など詳細に規定している。例えば、商品コードは、14桁のGTIN(国際取引商品コード)で表し、有効期限は年月日(YYMMDD)の6桁で表し、数量は数字8桁以下で表し、ロット番号は英数字20桁以下で表すように規定されている。

連結機能と区切り文字

GS1では、アプリケーション識別子とそれに続くデータをセットとして、複数にデータセットを連結することができる。これにより、バーコードを複数印刷することやバーコードを複数読み取ることを削減できる。

商品コードや有効期限のような固定長のデータは、データのすぐ後は次の識別子であるので、それを解釈することによりデータの範囲と次の識別子を見つけることができる。しかし、数量やロット番号のような可変長データでは、データの区切りが分からない限り、次の識別子を見つけることはできない。そこで、可変長のデータの次には、区切り文字としてシンボルキャラクタのFNC1を挿入することになっている。但し、可変長データがシンボルの最後にくる場合は、 FNC1を挿入する必要がない。

バーコードリーダは、ホストコンピュータに対して区切り文字の存在を知らすために、FNC1の位置にアスキーの制御コードであるGSキャラクタ(グループセパレータ)を挿入して出力しなければならない。GSキャラクタは、アスキーコードの数値”29”、または、ヘキサの”1D”である。

イメージ
シンボルの連結方法
シンボルの連結方法

利用分野

日本では、チェーンストア協会が、SCM(Shipping Carton Marking)検品のためのSCMラベルに利用されている。ここでは、EDIで事前に送る出荷明細通知(ASN: Advanced Shipping Notice)に対応した連続出荷コンテナ番号(Serial Shipping Container Code)をSCMラベルに印刷することによって、受入時にこのバーコードを読み取りASN情報と照合する受入検品に利用されている。

食品加工業界では、日付・鮮度管理、ロット管理、先入先出管理、顧客サービス向上、物流コスト削減等を目的に製品ラベルに使用している。

医療業界では、医薬品標準シンボルと医療材料標準シンボルを作成し、商品コード、有効期限、ロット番号、有効期限(またはロット番号)をマーキングしている。

コンビニエンスストアの料金収納代行システムでは、従来のJANに代わって2002年から利用されている。

関連する製品

ls2208
  • 1Dバーコード

お問い合わせ