2次元シンボルとは

2015年9月2日 / 

バーコードは、バーコードシンボルキャラクタを直線的に並べて情報化しているので1次元シンボル(またはリニアシンボル)と呼ばれている。これに対しシンボルキャラクタまたはそれに相当する情報単位を縦横に配置したシンボルを2次元シ… 続きを読む

2次元シンボルのアプリケーション

2015年9月2日 / 

はじめに 近年、2次元シンボルは広く知られるようになり、特別な自動認識技術ではなくなった。2次元シンボルの登場からおよそ20年になるが、2次元シンボルの開発競争の時代からアプリケーション毎に2次元シンボルを使い分ける共存… 続きを読む

2次元シンボルの印刷品質

2015年9月3日 / 

概要 2次元シンボルの印刷評価は、ISO15415で規格化されている。本規格では、2次元シンボルの特徴的な属性を計測する方法を規定し、計測結果を評価し等級付けする方法と総合評価する方法を定義している。2次元シンボルの評価… 続きを読む

2次元シンボルの方式

2015年9月3日 / 

2次元シンボルは、構造的に2種類に分類できる。一つは、碁盤の上に並べた石のような形のマトリックス型シンボルで、QR CodeやDataMatrix(データコード)、MaxiCodeが代表的である。情報の基本単位は、セルと… 続きを読む

2次元シンボルの特徴

2015年9月3日 / 

1KB以上の大きな情報量 2次元シンボルの最大情報量は、原始的なスタック型シンボルのCode49やCode16Kは、英数字で49字または77字と従来のバーコードの数倍であったが、その後、技術の進歩と供に、情報量は、増加し… 続きを読む

2次元シンボルの種類と特長

2015年9月3日 / 

マトリックスシンボルの種類 マトリックスシンボルの原形は、1982年にベリテック社が開発したVeriCodeである。正方形の枠が特徴であり、その中にデータが書き込まれている。日本で紹介されているVeriCodeは、三菱商… 続きを読む

2次元シンボルシステムの留意点

2015年9月2日 / 

はじめに 2次元シンボルは、大きな情報量、高い情報化密度、バイナリー対応、小さなサイズ、誤り訂正、高速読取等の優れた特長を持っている。これらの特長に期待し過ぎると、読取時間が遅くなり、時には読取不能に陥ることがある。した… 続きを読む

AztecCode

2015年9月3日 / 

概要 AztecCodeは、1995年(平成7年)、WelchAllyn社によって開発されたマトリックス型2次元シンボルで、従来の2次元シンボルの特長を幅広く採用し、問題点を大幅に改良した完成度の高いシンボルである。アズ… 続きを読む

Codabar (NW-7)

2015年9月2日 / 

Codabar(NW-7) コーダバー(Codabar)は、モナークマーキング(Monarch Marking)社が、1972年に開発したバーコードシンボルで、日本ではNW-7の名称で呼ばれている。海外ではCode 2 … 続きを読む

Code128

2015年9月2日 / 

Code128 Code128は、コンピュータアイデンティクス社が、1981年にパソコンの入力対応という要望のため開発したバーコードシンボルで、アスキーコードの128キャラクタを表現できる。 Code128の名前は、この… 続きを読む

Code39

2015年9月2日 / 

Code39 Code39は、1974年インターメック社が開発したバーコードシンボルで、1994年にJIS-X-0503として規格化され、1999年に ISO/IEC16388として規格化されている。英数字が使用でき、誤… 続きを読む

DataMatrix (DataCode)

2015年9月3日 / 

概要 DataMatrixは、アイディマトリックス社が、1987年に開発したマトリックス型の二次元コードで、日本では、データコードと呼ばれている。 ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140バー… 続きを読む

EDIにおけるバーコードの役割

2015年9月2日 / 

EDI環境における納品形態 EDIによる納品の仕組みは、次のようになっている。まず、納入者は、ピッキングが終了すると箱詰めされた製品にバーコードの出荷ラベルを貼る。このバーコードは、注文番号、製品名、数量と言った製品情報… 続きを読む

GS1 Databar (RSS-14)

2015年9月2日 / 

概要 RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。グローバル… 続きを読む

GS1 Databar Expanded (RSS Expanded)

2015年9月2日 / 

概要 RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。1999年… 続きを読む

GS1 Databar Limited (RSS Limited)

2015年9月2日 / 

概要 RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。1999年… 続きを読む

GS1 DataMatrix

2015年9月3日 / 

概要 GS1 DataMatrixは、GS1(UCC/EAN)が流通用に標準化した2次元シンボルであり、DataMatrix ECC200をベースにしている。GS1 DataMatrixと従来のDataMatrixを区別… 続きを読む

GS1-128 (UCC/EAN-128)の概要

2015年9月2日 / 

概要 POS(販売時点管理システム)やEOS(電子発注システム)、EDI(電子データ交換)等の流通情報管理システムの発展により、より高度な商品管理や物流管理、業務管理が求められている。そこで、1988年、GS1(EAN.… 続きを読む

GS1合成シンボルの概要

2015年9月3日 / 

概要 GS1合成シンボルは、化粧品、医薬品、医療材料、文具、貴金属等の小物流通商品のために、国際EAN協会と米国コードセンターUCCが開発した合成シンボルであり、1999年にAIMIのITSに登録されている。また、ISO… 続きを読む

Interleaved 2 of 5 (ITF)

2015年9月2日 / 

概要 インターリーブド(Interleaved)2 of 5は、インターメック(Intermec)社が、1972年に開発したバーコードシンボルである。スペースを利用せずにバーのみの構成であったCode 2 of 5(スタ… 続きを読む

ISO/IECシンボル識別子

2015年9月2日 / 

概要 バーコードや二次元シンボルのデータにアプリケーション識別子やデータ識別子が付いていれば、それが何のデータかを判断することができる。しかし、同じ桁数で異なるシンボルの場合、そのデータが、製品番号なのか、ロット番号なの… 続きを読む

JAN/EAN

2015年9月2日 / 

概要 JANは、1978年流通業界の共通商品コードのためにJIS-X-0501として規格化されたもので、国際規格EAN(Europe Article Number)のフラッグ(国コード)を45または49にしたものをJAN… 続きを読む

MaxiCode

2015年9月3日 / 

概要 MaxiCodeは、1987年(昭和62年)、米国最大の宅配業者であるUPS社が、小荷物の管理と仕分け追跡のために開発したマトリックス型2次元シンボルである。殆どのバーコードや2次元シンボルシンボルは、リーダメーカ… 続きを読む

MicroPDF417

2015年9月3日 / 

概要 MicroPDF417は、シンボルテクノロジー社が、1992年に開発したスタック型の二次元コードで、1998年AIMIのITS規格に登録されている。MicroPDF417は、PDF417を基本に、スタートストップコ… 続きを読む

PDF417

2015年9月3日 / 

概要 PDF417は、1989年(平成元年)シンボルテクノロジー社によって開発されたスタック型の2次元シンボルで、1994年AIMIのUSS規格に登録され、2000年にISO/IEC規格になっている。PDF417は、情報… 続きを読む

POSシステムの利用方法

2015年9月2日 / 

はじめに POSとは、Point of Salesの略であり、販売時点情報管理システムのことである。つまり、売上情報を販売時点でリアルタイムに収集し、単品レベルでの商品管理や販売管理をするためのシステムである。売上情報の… 続きを読む

QR Code

2015年9月3日 / 

概要 QRCodeは、(株)デンソーが開発が、1994年に開発したマトリックス型の二次元コードで、マトリックス型では特に、読み取りの高速化(Quick Response)に配慮したことが大きな特長となっています。また、オ… 続きを読む

UPC-A/E

2015年9月2日 / 

概要 UPCは、1973年にUCC(Uniform Product Code Council Inc.)が開発した米国の共通商品バーコードシンボルである。また、UPC/EANシンボルは、2000年にISO/IEC1542… 続きを読む

アプリケーション識別子 (AI)

2015年9月2日 / 

  GS1(EAN.UCC)は、アプリケーション識別子(Application Identifier)を使用して、様々な情報を共有化できるようにしている。これは、情報の頭に付加される識別コードで、この識別コードに続くデー… 続きを読む

グローバルロケーション番号 (GLN)

2015年9月2日 / 

はじめに グローバルロケーション番号(Global Location Number)は、国内および国際間取引において相互に企業や事業所等を識別するための国際標準の事業所コードで、GS1(EAN.UCC)が規定している。国… 続きを読む

コントラスト値の表記方法(PCS値とMRD値)

2015年9月3日 / 

バーコードのコントラストの表記には、PCS値(Print Contrast Signal)とMRD値(Minimum Reflectance Difference)が代表的である。バーコードリーダの読み取りできる最小コン… 続きを読む

ダイレクトパーツマーキング(DPM)

2015年9月3日 / 

DPMとは ダイレクトパーツマーキングDPMとは、ラベルを使用せず製品に直接マーキングする技術である。2次元シンボルのダイレクトマーキングは、半導体や液晶のようにマーキングスペースが極めて少ない製品に対して行われていたが… 続きを読む

チェックデジット

2015年9月2日 / 

概要 チェックデジットは、チェックキャラクタとも言われ、データの信憑性を確認するためにデータの最後に付加するキャラクタである。チェックデジットは、一般的に各桁の値の総和を求め、それを桁数で割った余りを利用するが、その演算… 続きを読む

バーコードの印刷品質

2015年9月2日 / 

はじめに バーコードシステムは、’70年代に登場したJANコードによるPOSシステムから始まり、’80年代にはITFコードによる梱包単位の物流管理システムに展開していった。これらの時代では「バーコ… 続きを読む

バーコードの役割

2015年9月2日 / 

はじめに バーコードは、情報システムに対する入力手段としては、早い入力速度、優れた読取率、低い誤読率、安価なメディア、安価なバーコード関連機器等の特長により、幅広く利用されている。そこで、バーコードが情報システムな中で果… 続きを読む

バーコードの特徴

2015年9月2日 / 

高い信頼性 バーコードは、バーをどこでも横切るようにスキャンさえすれば読み取ることができるので、バーのどこかに傷や汚れがあった場合、そこを逃げてスキャンすれば読み取れる。この冗長性とシンプルな仕組みが、バーコードの高い読… 続きを読む

バーコードの種類と特長

2015年9月2日 / 

現存しているバーコードシンボルの中でもっとも古いシンボルは、スタンダード(インダスリアル、ディスクリート)2 of 5である。これは、スペースを使用せず、バーのみでコード化したシンボルである。シンボルキャラクタは、5本の… 続きを読む

バーコードの課題と将来展望

2015年9月2日 / 

POSにおけるセブンイレブンの果たした役割 バーコードは、チェックアウトの合理化のために開発され、1984年、セブンイレブンのPOS導入により一気に普及が加速した。導入初期は、ペンスキャナを使用していたためにビニル袋製品… 続きを読む

バーコードシステムのチェックポイント

2015年9月2日 / 

はじめに バーコードや2次元シンボルのシステムを導入したが、思ったほど効果が出ていない、あるいはトラブルが多く効率が低下した、大きなシステム変更が必要になったといった話を聞くことがある。それは、システム導入が目的になって… 続きを読む

バーコードシンボルとは

2015年7月30日 / 

バーコードとは、「幅が変化する平行かつ長方形のバーまたはスペースの配列によって情報をコード化したもの」で、「リニアシンボル」「1次元シンボル」または「1次元バーコード」とも呼ばれている。 バーコードは、特定のシンボル論に… 続きを読む

バーコードシンボルの方式

2015年9月2日 / 

バーコードは、シンボル化のしくみにより次のように分類される。まず一つは、シンボルキャラクタがキャラクタ間ギャップで区切られているシンボルを独立型と言い、区切られてないシンボルを連続型と言う。独立型は、キャラクタ間ギャップ… 続きを読む

バーコードリーダの最新動向

2015年9月3日 / 

はじめに バーコードシステムが米国シンシナティのスーパーで初めて使用されてからおよそ35年になる。その後、バーコードは、製造、物流、小売、娯楽、行政、病院、教育等、様々な分野で使用され、自動認識技術の中心的技術になってい… 続きを読む

バーコードリーダの種類

2015年9月3日 / 

はじめに バーコードリーダは、読取方式によってマニュアルスキャン方式、CCDスキャン方式、レーザスキャン方式、イメージセンシング方式、リニアイメージセンシング方式に分類することができる。また、バーコードリーダは、形状によ… 続きを読む

分解能と読取率の関係

2015年9月3日 / 

分解能の高いスキャナに変えたが、読取率が良くなるどころか、かえって悪くなったとう言う話を聞く。これは、分解能と読取率の関係を良く理解していないことによる。そこで、次にバーコードリーダの分解能と読取率の関係について説明する… 続きを読む

国際取引商品コードGTIN (ジーティン)

2015年9月2日 / 

概要 流通共通商品コードは、米国で12桁のUPCコードが作成され、その後、UPCシンボルとの整合性をとりながら国際的に使用できる流通コードとして 13桁のEANコードが作成された。2種類の共通商品コードが存在することは、… 続きを読む

大容量シンボルのデータ構造

2015年9月3日 / 

概要 ISO15394(JIS-X-0515)は、出荷、輸送及び荷受用ラベルのためのシンボルについて規定したものであるが、2次元シンボルのデータ記述方法やデータ構造も規格化しないとグローバルなSCMに使用できない。そこで… 続きを読む

新しい流通商品バーコードGS1 Databar

2015年9月2日 / 

2010年からPOSで使用 GS1 Databarは、2010年1月からグローバルな流通標準シンボルとなることが国際的に承認されました。これは、国際流通標準化機関であるGS1(本部ベルギー、108カ国加盟)が定めた標準バ… 続きを読む

梱包インジケータ (PI)

2015年9月2日 / 

梱包インジケータ(Package Indicator)は、梱包形態や入数を識別するための国際標準のコードで、GS1(EAN.UCC)が規定している。GTIN(国際取引商品コード)の先頭の1桁が、梱包インジケータである。 … 続きを読む

省スペースシンボル GS1 Databar (RSS)の概要

2015年9月2日 / 

概要 RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。1999年… 続きを読む

自動認識技術の比較

2015年9月2日 / 

自動認識技術とは バーコードは、流通、物流、製造、サービス、行政、研究、医療、教育等、様々な分野で使用されている。それは、単なるブームではなく、他の自動認識技術に比べ多くの優れた特長をもっているからである。一方では、バー… 続きを読む

誤り訂正機能

2015年9月3日 / 

概要 2次元シンボルでは、バーやセルが小さいために、バーコードに比べ損傷を受ける確率は非常に高い。そこで、2次元シンボルでは、損傷を受けたデータを演算により元に戻すために、誤り訂正機能を持つことが一般的になっている。この… 続きを読む

読取率と誤読率を改善する方法

2015年9月3日 / 

はじめに 読取信頼性は、読取率と誤ヌ率で表現される。読取率は、バーコードをスキャンする回数に対して読み取ることができた回数で計算され、100回のスキャンで 99回の読取ができた場合は、読取率は99%になる。一方、誤読率は… 続きを読む

連続出荷コンテナコード (SSCC-18)

2015年9月2日 / 

連続出荷コンテナコード(Serial Shipping Container Code)は、国内および国際間取引における物流単位(パレット、ケース、カートン等)を識別するための国際標準のコードで、GS1(EAN.UCC)が… 続きを読む