AP7522の詳細

  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b/g
  • IEEE802.11n
  • WPA2対応

AP7522の詳細

802.11ac Wi-Fiのスピードとスループットを、低コストのアップグレードで実現します。

ネットワークに接続する必要がある、昨今の要求の厳しいアプリケーションを実行しているモバイル機器を、事実上すべてサポートすることが可能になりました。しかも、どのような場所にも適合する設計となっています。

802.11n無線LANは、現在の運用環境で使用されているすべてのモバイル機器と下位互換性があります。256QAM変調方式により、802.11n無線LANの帯域幅が802.11acレベルに拡大します。センサ機能が必要な場合も、AP7522は業務上のニーズに合わせて柔軟に対応できます。無線出力が高いので、アクセスポイントの数が少なくてすみます。その結果、かつてないほど高機能で高パフォーマンスな無線LANを、かつてないほど低いコストで実現できます。

すべてのユーザーをサポートするために必要な帯域幅とアプリケーションパフォーマンス

802.11acは、802.11nをさらに発展させた技術です。

802.11ac無線は、MIMO(Multiple-InputMultiple- Output)を始めとする新技術によって、帯域幅やスピードの向上が図られています。256QAM変調によって、2x2MIMO 802.11ac無線LANのパフォーマンスはさらに向上し、802.11n無線LANの帯域幅は802.11acのスピードにまで拡大します。また、2.4GHz機器による干渉もついに解消されました。

802.11acは5GHz帯だけで利用されるので、Bluetooth®ヘッドセットや電子レンジがWi-Fiネットワークのパフォーマンスに影響を及ぼすことはなくなります。その結果、無線LANで、かつてないほど多数のユーザーや、音声やビデオを含む多数のアプリケーションをサポートできるようになるため、自信を持ってBYOD(私的デバイスの業務利用)を推進でき、モビリティを導入した新しいワークグループを後押しすることもできます。

第5世代の802.11ac Wi-Fiに容易に移行

デュアルラジオのAP7522は、次世代Wi-Fiへの非常に簡単な移行パスを提供しています。

ap7522_01802.11ac無線は新しい5GHzのモバイル機器をサポートする一方で、802.11nは2.4GHzのクライアントを含むすべての既存のモバイル機器をサポートします。この2つの無線が共存しているため、802.11acへ徐々に移行していくことができるのです。高いコストをかけて総入れ替えを行う必要はありません。

より強固な無線接続

ビームフォーミング機能の向上により、ユーザーはこれまで以上に強固な無線接続を利用できるようになります。

ap7522_04ビームフォーミングは、アクセスポイントとモバイル機器の間に、最も効率よくデータ送信が行えるパスを生成する機能です。従来は、送信側のビームフォーマが単独でこのパスを決定していました。これを、受信側でも補佐するようになりました。サウンディングと呼ばれる処理です。その結果、接続がより強固になり、より速いデータ送信を行うことが可能になります。

アプリケーションのスループットやパフォーマンスが向上し、モバイル機器のバッテリも長持ちするようになります。

ギャップのないセキュリティ

すべての無線送信のセキュリティを守るため、業務が制約を受ける可能性のある国や業界の規制に準拠しています(小売業のPCI、医療業界のHIPAAなど)。レイヤ2〜7に対応したステートフルパケットフィルタリング型ファイアウォール、AAARADIUSサービス、VPNゲートウェイ、ロケーションベースのアクセス制御など、広範なセキュリティ機能を内蔵し、一瞬たりとも途切れることなくネットワークを保護します。

柔軟なWIPS センサのサポート

AirDefenseネットワーク稼働監視機能をサポートするためのセンサの導入方法を選択できます。

AP7522を常に専用のセンサとして配備することができる一方で、無線共有とオフチャネルスキャン機能を連携させて2つの無線のうち片方または両方がクライアントデータの伝送とセンサ機能を兼ねるようにすれば、追加のコストをかけずにデュアルバンドのセンサを提供することもできます。

音声、位置情報、ゲストアクセス

VoWLAN(Voice-over-wirelessLAN)の通信品質(QoS)のサポートにより、1つのアクセスポイントで多数の通話が同時に行われても、長距離電話レベルの品質が確保されます。

位置情報サービスを活用し、人々や資源の位置の特定や追跡、さらにはネットワークやアプリケーションアクセスの管理を行うことができます。認可されたネットワークやサイト、アプリケーションにユーザーがアクセスできないようにすることができるので、Hotspotやゲストアクセスの提供も容易です。

パフォーマンスの向上と優れた拡張性

AP7522 802.11acアクセスポイントは、ゼブラの無線LANインフラストラクチャであるWiNG5製品ファミリの一部であり、他のすべてのゼブラWiNG5コントローラやアクセスポイントと連携して、あらゆる伝送にとって最速かつ最強なパスとなるルートを決定する、“ネットワーク検知”をもった製品です。

また、AP7522は簡単に集中管理が行えるコントローラによる導入が可能なので、ネットワークの拡張も容易です。必要なアクセスポイントやコントローラの数がどれだけ多くとも、また世界のどこに設置されていようとも、それらの導入、監視、トラブルシューティング、管理をすべて1箇所で行うことができます。

現在または将来、サポートする必要のあるユーザーがどれだけ多くとも、ネットワークはいつでも対応できるとわかっているので心配は無用です。

アクセスポイント製品一覧

お問い合わせはこちら

アクセスポイント製品一覧

AP6521

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b/g
  • IEEE802.11n
  • WPA2対応
ap6522

AP6522

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b/g
  • IEEE802.11n
  • WPA2対応
thumb_ap7522

AP7522

  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b/g
  • IEEE802.11n
  • WPA2対応
thumb_ap7532

AP7532

  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b/g
  • IEEE802.11n
  • WPA2対応

アイコンの説明

  • アイコン
    1次元バーコード
  • アイコン
    2次元バーコード
  • アイコン
    WLAN
  • アイコン
    Bluetooth
  • アイコン
    RFID
  • アイコン
    GS1
  • アイコン
    レーザー
  • アイコン
    CMOS
  • アイコン
    RS232C
  • アイコン
    USB
  • アイコン
    ロングレンジ
  • アイコン
    高堅牢
  • アイコン
    デジタルカメラ
  • アイコン
    WAN
  • アイコン
    GPS
  • アイコン
    Android
  • アイコン
    Windows mobile
  • アイコン
    Windows CE
  • アイコン
    iOS